【人が勉強する理由】

なぜ人は勉強するのか?

help with coursework uk そう聞かれたら、なんて答えますか。

creative writing personality traits それぞれ理由はあると思います。

gramattical correction software for college papers 会社で、昇進に必要だから、とか。

a215 creative writing tma01 海外で働きたいから、とか、単純に楽しいからとか、その他にも

doing a literature review releasing the social science imagination 何かしら必要に迫られてやっている、と答えられる方もいらっしゃいますね。

how to improve my child's creative writing でも、これらには全て共通点があります。

creative writing nursing それは、「その先の世界、景色を見たい」ではないでしょうか。

cpm homework help cc2 勉強をしたいわけじゃないけど、しなきゃいけないからしている、っていう人も、

cv writing service scunthorpe それを聞くと受身な印象ですが、実際には、心の奥底を読み解いていくと、

math homework help now ポジティブなんです。

それはつまり、やらなきゃいけないからやる、ということの裏に

何か実現したいことや、そうしたくてそうしている原理があるからなんですね。

だから、やりたくない、とは言いつつ根本的にはやりたいはずなんです。

だって、本当にやりたくなければ、別にやんなくていいんですよ。

納税のように法律で決まってませんし。

やりたくないけどやる→やらないと会社の評価が悪くなるから

会社で評価されたいと言い換えられる

といったように、紐解いていくと、最終的には能動的な回答が出てくるんです。

勉強するのは、会社で評価された世界を見たいから、つまり冒頭の

「その先の世界、景色を見たいから」に通ずるんです。

だから、やらされている、というような後ろ向きにな理由で、勉強をしている、と思っている人でも

よくよく考えていると皆、何かを目指しているんです。

本当に受動的な人は、勉強するわけがない。勉強している人は皆、何かしら、希望を持っている。

つまり、本質的にはポジティブな行為が勉強なのです。

そして、私が考えるに勉強という行為そのものは、実は人を人たらしめている最大の理由に該当すると考えています。

ご存知の方も多いと思いますが

哲学者のパスカルが、「人間は考える葦である」という言葉。

この人がどのようなことを意図して、この言葉を残したのかは諸説ありますが、

人間とその他の生物を分けているものは、「思考」できることにある、というのが一般的です。

他の動物は本能で動いているから、思考できない。だけど、人間は思考できる。

思考とはつまり、何かを知り何かを感じ、脳の中を巡らせること。その大元にあるのは、学びです。

学ぶことで、考えを深める。

考えを深めることで、人が人が持っている能力を最大化できる。

それは、今よりも一歩さきの自分に出会える、見つける、ということで、

やはり先の世界や景色を見たい、ということにたどり着いていきます。

知的好奇心がある、というのは結局自分の中に何かをまた新たに発見することで、

それを楽しめるようになると、人に生まれたことを良かったと思えるのかもしれません。

よって、学びの中に楽しみを見つけていくこと、学びを継続していくことは、

最終的にその人自身の変化に行きつきます。

この楽しみに、一人でも多く気づけるようなカフェにします。

勉強カフェで、勉強する理由の本質に気付いてみてください。きっと、楽しくなるはずです。

先行入会はこちらから

http://benkyo-cafe-osaka.com/1789-2/

ご質問はこちらへお願いします。(FBへのコメントでも結構です)

benkyocafe.umeda@gmail.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
kousukearai

kousukearai

投稿者プロフィール

1987年3月18日生まれ。魚座、B型。
群馬県館林市出身。
國學院大学文学部卒業。現在、大阪・梅田在住。
株式会社ARIAという会社で勉強カフェ大阪本町/大阪うめだを運営中。
向上心ある大人たちが気持ちよく過ごせる空間作りを日々探求中。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る