【これからの勉強カフェの構想】

勉強カフェ大阪うめだへの先行入会、続々とお申し込みをいただいています。

ありがとうございます。

essay on help your neighbour 昨日も長めの文章を投稿したところ、早速お申し込みをいただけました。
やはり、現在のホームページだけの情報では、響かない方もいらっしゃるのではないか、
と思い、文章に想いを乗せてお伝えする方法も、まだ勉強カフェというものを
伝えきれていない現在、必要な、角度を変えた方法だと仮説を立て、トライしてみましたが、それは間違いではない一つのご提案であったと、確信しました。

essay helper 勉強カフェ大阪うめだは現在、女性の申し込み比率が高く、華やかな店内が予想されています。
これは、なぜか関西の勉強カフェの特徴で、
大阪本町、神戸三宮、のオープン時もまた、両者とも女性の方がお申し込みが多かったのです。
うめだも今の所例外ではありません。

hire someone to do your accounting homework つまりこれは、女性の流行に敏感な感性が、勉強カフェというワードに反応しているのではないか、と推察されます。

thesis on pay for performance 男女の差がなくなり、女性が社会へ進出しようとする時勢であり、そんな中で女性からの反応をいただけている状況は
嬉しい限りです。そして、しっかりとその期待にお応えするよう準備を進めます。

homework help quebec 多くの業界で女性に受けないものは流行らない、と言われています。私たちも例外ではありません。
現在営業している、勉強カフェ大阪本町の取り組みの一つとして、女性がどの程度ご来店いただけているかの、女性来店率チェックも行い、
日々そのレスポンスを確認しているほどです。

resume writing service company 今日は、勉強カフェ大阪うめだのブース席制作をしていただく、キャレル合同会社さんと打ち合わせをしてきました。
https://carrell.jp/(キャレル合同会社さんHP)

fun creative writing prompts for 4th grade キャレルさんの机へのこだわりはものすごく、相当な作り込み、オーダーメイドで丁寧に作られています。

lancia thesis for sale germany そして代表の方の学びへの熱い思い。机を制作されているだけでなく、学習塾で講師も兼任されており、
様々な今後の教育のあり方や学び、カフェについての想いを確認し合いました。

online creative writing phd programs 想いの詰まったいいブース席をご用意できそうです。楽しみにお待ち下さい。

thesis helper software また、カフェラウンジの大テーブルについては、コミュニケーションが生まれ、かつ今までにない斬新な
ピザ型のデザインを想定しています。これは私とキャレル代表の仲田さんによる発案で、遊び心を取り入れてみよう!
ということで制作に至りました。この机もどこにもないタイプで、楽しんでいただけることは間違いありません。
現に、今一番その完成にワクワクしているのは私です。

今回の勉強カフェ大阪うめだを機に、勉強カフェに来てくださる方にどう思ってもらいたいのか、
改めて考えました。

それは

「その日、勉強カフェに来てよかった、と思ってもらえること」

あまりにも当たり前の答えすぎて、拍子抜けされるかもしれません。

しかし、究極はここに詰まっているのです。すべてのサービスはここに原点あり、です。

リッツカールトンだって、ディズニーランドだって、サービスの最高峰と言われながらも、やってることは
シンプルです。めちゃめちゃシンプルです。「来てよかった」そう思ってもらえるだけなのです。

ここに、私は勉強カフェならではの感覚を追加しますが、これからの勉強カフェの構想の一つで

「刺激」と「安心」

を味わえる場所にします。

どういうことかというと、

「勉強がはかどる」「勉強に集中する」「ということはつまり、知的好奇心、という刺激です。

そして、「新たな勉強仲間との出会い」も大きな刺激になります。

一方、「スタッフに元気をもらう」「勉強仲間と団欒する」「コーヒーを飲んでゆっくりする」などは
「安心」にあたります。

この、「刺激」と「安心」が入り混じったような、空間、これは生活そのもの、人間の生活そのものを表現しています。

ここにあるのは、人間であれたことの喜びです。

何もなかった状況が、勉強カフェという空間に入って、人間味を帯びてくる、これは私が表現したい一つの感覚であります。

ただ、構想だけではいけません。

実際に、それを目指し、本当にその通りだと思ってもらうことです。私たちが追求しているのは、その瞬間です。
終わりなき空間追求ですが、反対に面白みも感じます。

どうやったらいいのか?考えていけば

答えが無限にあるんですね。今日も、セミナー講師の方から、「勉強法」についてのセミナーをご提案いただきました。

これは一種の「刺激」です。

こうやって、そこに近づくように少しづつ色々な種をまいていくんです。それが総合的に合わさって
空間となり、雰囲気となり、日常となります。

「知的好奇心」という刺激、そして「安心」。
最終的には「何か」が待っているかもしれない、と思っていける場所、そんな風に今後の勉強カフェの一部のビジョンを構想いたしました。

一部、といったのはこれだけではないからです。フォーカスポイントは沢山あります。
どこに絞り、どこを強化していくのか、これ自体も大切な選択です。

どうやったとしても、勉強カフェですが、どうなっていくかは、今からの構想次第。

勉強カフェの皆様と共に作り上げていけるような、共創の空間にしていきます。

ここに加わりたい、と思っていただけた場合は是非、ご参加ください。お待ちしています。

お申し込みはこちらから直接行けます。

http://benkyo-cafe-osaka.com/1789-2/

大阪本町ではすでに2年の歴史と共に、勉強カフェを体現しています。そちらも合わせてご見学ください。見学はいつでも可能です。

その他お問い合わせ、何かございましたら

benkyocafe.umeda@gmail.com

までお気軽にお問い合わせください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
kousukearai

kousukearai

投稿者プロフィール

1987年3月18日生まれ。魚座、B型。
群馬県館林市出身。
國學院大学文学部卒業。現在、大阪・梅田在住。
株式会社ARIAという会社で勉強カフェ大阪本町/大阪うめだを運営中。
向上心ある大人たちが気持ちよく過ごせる空間作りを日々探求中。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る