【気づき】匂いを嗅ぎ取る力というのがとても大切である

今おかれた環境や、目の前にある課題を、

自分の問題と捉えて、ないがしろにせず、

真摯に向き合うことは、何よりも自分のためになります。

それは、越えるタイミングであるということです。

ローソンの玉塚さんがおっしゃっていました。

「匂いを嗅ぎ取る力」が大切であると。

些細な変化も見逃さず、

今何を問われているのか?

これを考えることです。

流れというものがあって、途中途中に、

出来事は何らかのメッセージを発してくれています。

そこに敏感になり、反応できるか。

この、反応ができないことがあります。

それは、おそらく素直でないか、勇気がない、ということになります。

振り返れば、そこに敏感になれた時に、大きく

前進を果たせたように思います。

今、そこにある壁というのは、越える必要のあるものであり、

絶好のタイミングが訪れている、ということです。

イチロー選手が、

壁は越えられるものにしか訪れない、と言っておりました。

確実に、メッセージを受け取ることですね。

流れを着実に捉え、そこに乗りこなしていくという

サーフィンです。

これには、頑固にならず柔軟性をもち

あとは己の魂で考えたことを選択の基準にしていくことです。

受け売りや、誰かの生きかたに惑わされないことです。

魂による判定こそが、自分を高めます。

ゆえに、日々の感触を確かめ、

果たして、今日も基準は魂によるもの=心からのものであったか、

これを考えていきます。

日々、確認していくことが大切です。

世の空気感や、心ない他人の軽薄さに、乱されることはあってはなりません。

己の弱さや、利己心による、刹那的な判定をせず、易きに流れず

まるで寓話に出てくるような教訓を大切にすることです。

と、いうようなことを最近考えております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
kousukearai

kousukearai

投稿者プロフィール

1987年3月18日生まれ。魚座、B型。
群馬県館林市出身。
國學院大学文学部卒業。現在、大阪・梅田在住。
株式会社ARIAという会社で勉強カフェ大阪本町/大阪うめだを運営中。
向上心ある大人たちが気持ちよく過ごせる空間作りを日々探求中。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る