【気づき】限界は自分がつくっている。スマホで仕事できる時代へ対応する練習

最近、PCのある環境でも、あえて全てスマホで仕事や作業を完結させるようにしている。

フリック入力のスピードを極限にまで高めて、いかなる状況、つまり誰とどこにいてもレスポンスを迫られたときにすぐに対応する力を養うためだ。
結論としては、意外とできるな、と。
やはり自分で限界を作ってたことに気がついた。
勝手に、仕事は机でPCでするものだとどこかで思ってしまっていた。
もちろん、PCを使った方がスピードも速いし、楽だし、リンク貼る時も便利なのだが、

そうするとWi-Fi環境のある椅子のあるどこか、という条件に縛られてしまい、結局返信が遅くなってしまうということがあった。
今回のあえて全部スマホで完結させるという実験をしてから、例えば歩きながらでも仕事ができることがわかり、自分の思考のタガをまた一つ外すことができた。

し、仕事の工率が結果的にあがった。

ちなみに、この投稿ももちろんスマホで書いている。自宅のベッドの上で(笑)

堀江さんの多動力という最近発売された本の影響が少なからずあります⬇️

これにともなってKindleの活用率が最近上がってきました。

こちらも、かなり便利なのでまたそれどけで記事を書きます。
どんどん生活がしやすくなってる今の時代をフル体験します。
変に固定観念にはとらわれずまずは受け入れ、やってみるということで拓けていく世界がありました。
皆さんも今、まだやってみたいことがあるけどやってなければ、今日すぐにやってみてください。何か、見えるはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
kousukearai

kousukearai

投稿者プロフィール

1987年3月18日生まれ。魚座、B型。
群馬県館林市出身。
國學院大学文学部卒業。現在、大阪・梅田在住。
株式会社ARIAという会社で勉強カフェ大阪本町/大阪うめだを運営中。
向上心ある大人たちが気持ちよく過ごせる空間作りを日々探求中。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る